ちょっと前に出たマガジンになりますが、内海 慶一くんの『100均フリーダム』というマガジンが、ともかく笑えます。もう生活に必要なものは何でも整う、こんなものまで100円で支払えるの!?というものがそろう便利な100均ですが、そういう小物の取り分け異彩を放つ小物が隠れるんです。不気味な青い視線のパンダや、需要能力不明の置物、児童が作ったほうが上手にできるんじゃないのかと見せかけるクォリティの姿まで…いかに不出来でも可が出て、暖簾に並んで仕舞うゆるさ、それらを「100均フリーダム」と名づけ、集めとして紹介しています。そのアイテムチョイスや、視線の付けどころがどうしても独特でうれしいのに加え、ライターの中身感受性が秀逸で、深く考えさせられるグッズもあります。それはひとえに、ライターの「100均フリーダム」への愛着の深さが出来るコツ。これを読めば、便利な100均というイメージだけではなく、100均の新規メリットを探りに行きたくなる品物だ。http://www.fkpp.org/net-merit.html